韓国留学中のイチオシライター|記事まとめCLICK!

#2 企業が地球のことを本当に考え始めてきたので、私たちもサステナビリティを理解しよう。

この記事は、「#1 企業が地球のことを本当に考え始めてきたので、私たちもサステナビリティを理解しよう。」の続きです。#1をまだ読まれていない方はぜひ先にこちらをお読みください。

目次

②サステナビリティという言葉を使ってみる

言葉を理解(インプット)したって、使えなきゃ(アウトプット)意味がないですよね。

間違ってもビビらず、積極的に使っていきましょう!

ここでは、日本語と英語でシチュエーション別に例文をご紹介したいと思います。

積極的に会社、学校、家庭で使ってみてください。

嫌がられない程度にサスティナビリティを使ってみましょう。

へー。

○○さん、物知りなんですね。となれることでしょう。

✅日本語で

🎬シーン①

我々は、サスティナビリティを意識してモノづくりに取り組まなくてはいけない。そこで五右衛門くん。今日から君を生産部のサスティナビリティ担当に任命する。

はい、かしこまりました、社長。


🎬シーン②

こちらは、サスティナビリティを第一に考えた、我が社の第一号のシャープペンシルです!

おおお 。これは、いいですね。環境のこともしっかり考えていますね。


✅ In English

🎬Scene①

Solar powers have a high level of sustainability because solar is an endless resource.

Oh, I see. Thank you Ethan, it was a wonderful presentation.


🎬Scene②

Should our editorial company lead on sustainability?

The role of us has always been to address challenges in society and provide solutions through mass media like us.


いかがだったでしょうか。

シーンの数は少ないものの、使い方が少しでもわかっていただいたと思います。

これをイメージしながら、ぜひあなたの日常生活でもサスティナビリティの言葉を使ってみてください。

次は、サスティナビリティという言葉を使っている企業を掲載しましたので、ご確認ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる