世界が熱狂!K-POPアイドルブームを支えるアメリカ人たち#3

みなさんこんにちは。Yuki.Aです(^^♪

北米でのK-POP人気を支えるアメリカ人たちに迫るシリーズ第3弾!

今回は、ブラックピンクテヤン(BIGBANG)と作業したアメリカ人に焦点を当ててみていきます。

シリーズ第1弾はこちら!まだ読んでない方、必見です!(^^)!

Bekuh BOOM編

Bekuh BOOMの主なK-POP楽曲

テヤン「Eyes, Nose, Lips」、ブラックピンク 「Whistle」「Ddu-Du Ddu-Du」「Kill This Love」、iKON「Goodbye Road」

K-POPアイドルの楽曲制作を行うことになった経緯

Bekuhさんが作詞を始めたのは10歳の時。

両親の離婚がきっかけで、それに立ち向かうための曲『I’m Stronger』が初めての作品です。

それからというもの、学校で男の子を好きになった時や、何かしらの経験をするたびに、曲を書くことに熱中したそう。

しかし残念なことに、彼女の書いた曲がアメリカのアーティストの目にとまることはありませんでした

代わりに、韓国の大手芸能事務所YGエンターテインメントが彼女の曲に関心を示します。

そして、YG側は彼女を韓国へ呼び寄せたのです。

Bekuhさんが韓国で初めて一緒に作業したアーティストはテヤン(BIGBANG)

彼女とテヤンは、同じキリスト教の信仰者であったことから結びつきを深め、Bekuhさんはテヤンの「Eyes, Nose, Lips」のコーラス部分も担当することが決定します。

そしてBekuhさんは、1年間韓国に住むことを決断したのです。

K-POPが違う見方や生き方を教えてくれた

Bekuhさんはその後、YGのプロデューサーTeddyからガールズグループ「ブラックピンク」のデビューシングルの作詞を依頼されます。

彼女の作詞能力のおかげで、ブラックピンクは瞬く間に韓国のトップガールズグループとなり、その後リリースされた「Kill This Love」ではアメリカのiTunesでチャート入りを果たしました。

母国アメリカで売れず、意を決して韓国へ渡ったBekuhさん。

自分が外国で制作を行った曲がアメリカで1位を獲得したことは、非常に大きな意味があることだったそう。

「K-POPはいろんな方法で私の人生を豊かにしてくれて、違う見方や違う生き方を教えてくれた。」とBekuhさん。

彼女は自身のキャリアがTeddyとYGのおかげだと感じているようで、

「Teddyやその周りの誰かが私を必要とするなら、彼らのためになんでもしようと思っています。だって彼らは私の人生を素晴らしいものに変えてくれたから。」

Bekuhさんは現在、ジェニファー・ロペスと作業しているそう。

アメリカ人でありながら、韓国人と作業して成功したのちに、アメリカ人アーティストとも作業するチャンスをつかんだという、驚きの経歴を持つ方ですね!

K-POPがなければ、ソングライターとしてのBekuhさんのキャリアはなかったかもしれない、と考えると、K-POPが及ぼす影響力の大きさを改めて実感します。

おススメK-POP「Bekuh BOOM」編

ブラックピンクのデビュー曲「Boombayah」も非常に印象に残る曲なんですが、ここでは不朽の名作、テヤン「Eyes, Nose, Lips」を紹介します。

Bekuhさんがコーラス部分を担当した曲ですね!

「K-POPアイドルを陰で支えるアメリカ人たち#3『Bekuh BOOM』編」はここまで!

次回は、ついにラスト!

人気グループEXONCT127の楽曲をてがけた #4「Chikk」編をお送りします。

この記事を書いた著者

Yuki. A
Yuki. A
ライターのユキです。趣味は英語・韓国語・中国語の勉強!!
いつかマルチリンガルになることを夢見ています(^^♪

関連記事一覧

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x