• EIKEN
  • 英検に関することを記事にしています。

英検でよく言うCSE2.0とかCEFRって何なんだろう?

英検でよく言うCSE2.0とかCEFRって何なんだろう?

記事を分かり易くするための用語の定義
英検=従来型英検、3技能のテストを合格すると、面接へ進むテスト
英検CBT=1日で4技能のテスト、パソコン入力が基本
英検S-CBT=1日で4技能のテスト、マークシートに鉛筆で記入

>>英検、英検S-CBT、英検CBTについて、詳しく知りたい場合は、このページを合わせてお読みください。

この記事では、英検CSE2.0とCEFRについて少し詳しくなります。

CEFRとは?

CEFR とは、Common European Framework of Reference for Languages の略。
語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格。欧米で幅広く導入され、6つのレベルが設定されています

日本英語検定協会 https://www.eiken.or.jp/cse/

CEFRは従来型英検でいうところの1次試験と2次試験の合計点で求められます。
主に各種検定(英検、TOEFL、ケンブリッジなど)において一定の基準を設け、受験者がどの検定を受けてもCEFRにて受験者の英語レベルがわかる仕組みにしたものです。
毎年、微妙に基準値を動かし、一様にレベルを分ける調整を行っているようです。

今のところ僕の個人的な意見では、問題形式、受験環境が違う各種検定を受験し、そのスコアをもって受験者の英語のレベルを図ることは、大まかに決めることはできても、細かいところで無理があるように感じます。
それはまた読者様のご希望があれば打ち明けたいと思います。

各資格・検定試験とCEFRとの対照表
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/03/__icsFiles/afieldfile/2019/01/15/1402610_1.pdf

CSEとは?

「英検CSEスコア」は、ユニバーサルなスコア尺度CSEを英検の各級で表記したものです。

英検CSEスコアを参照することで、自分の今の英語力や伸長度が一目でわかり、英検級のステップアップはもちろんのこと、生涯学習にも最適な指標となっています。

国際標準規格CEFRにも対応し、英語の4技能(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)のスコアとトータルスコアが表示されます。

日本英語検定協会 https://www.eiken.or.jp/cse/

英検CSEスコアを導入したのはいつだろう?

答えは・・・

2015年度 英検CSE1.0導入
2015年12月18日 英検CSE2.0発表

一方でこちらは英検が作成した英検CSEスコア表です。

日本英語検定協会 2020年3月12日時点の表
https://www.eiken.or.jp/cse/

この英検SCEスコア表を眺めるよりも具体的に見ていくことで、その表の見方が見えてきます。
低いレベル>>高いレベル
A1>>A2>>B1>>B2>>C1>>C2
A1=レベルが一番低く、C2=レベルが一番高い

例えば、準1級のCSE2.0の最高得点は、2250(1次最高得点)+750(2次最高得点)=3000です。
準1級のCSE2.0の合格基準は、1792(1次合格最低得点)+512(2次合格最低得点)=2304です。

もう一度表を見てください。
英検準1級の満点が赤色の部分で3000点、合格点は2304点になっているのがわかると思います。

CSEからCEFRへの換算方法

それでは、英検を受験して、得られたCSEのスコアをCEFRに換算していきましょう。
これは個人で換算する必要があります。

ちなみに、大学共通テストに用いられるCEFRは、その不完全さから2020年度は見送りになりましたのは記憶に新しいことだと思います。

CSE2.0が2600~3300>>CEFRはC1となります。
CSE2.0が2300~2600>>CEFRはB2となります。

ここで疑問が出るわけです。
もし、CSEが2600点ちょうどだった場合、この図からはC1かB2かはこの図から読み取ることはできないからです。

英検サービスセンターへ問い合わせをして確認を取りました。

もし、準1級においてCEFRのC1とB2のちょうど境目の2600を取った場合はどちらになりますか?

回答:
2600ちょうどはB2扱い、2601~はC1となります。

なるほど。私も理解できました。

言い換えると、準1級の場合、合格すれば、CEFRはB2またはC1ということになります。
あとは、自分でC1かB2かを判断することになります。

従来型の英検の場合、2次試験に行けば、一気にスコアが跳ね上がりますが、1次試験までだと、1792点以下となるためCEFRはA2またはA1となります。
英検2級を合格していれば、CSE2.0のスコア範囲によりB2またはB1となります。

英検合格が英検CSE誕生の2015年よりも前だったら・・・

英検にてCSEスコアを導入したのは2015年度からということです。

英検サービスセンターにまたまた問合せしてみました。

英検は生涯資格だと思いますが、 2015年以前に合格した英検2級のCSEってどうなりますか?

回答:
例えば、2014年合格証明書は再発行できます。
対応できるのは、合格証明書2014年~をCSE2.0で表示できます。

では2013年以前の英検についてはどうなりますか?

回答:
CSEスコアは出せません。

あ、そうなんですね。ありがとうございました。

まとめ

今回は、英検CSEとCEFRについて、具体的な例を用いてCSEからCEFRを換算する方法を説明しました。

あなたの英検CSEスコアはいくつですか?
時間があれば、CEFR確認しておくと英語学習のモチベUPになるかもしれませんね。
一度数字を追いかけてみると、あなたの国際的な英語のレベルが判定できると思います。

それではまた。

この記事を書いた著者

Tetsuya
Tetsuya
Cotoba PRESS編集長のTetsuyaです。
普段はイングリッシュスクールの運営・直接の指導とCotoba PRESSの編集に携わっています。
温かい言葉は、人と世界をつなぐことができると思っています。
言葉を通してみんながニコニコできる世の中になればいいなと思っています。

関連記事一覧

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x