• RYUGAKU
  • 留学に関することを記事にしています。
  • HOME
  • ブログ
  • RYUGAKU
  • 【韓国留学】コロナ禍での釜山留学!ビザ申請の準備について紹介!!

【韓国留学】コロナ禍での釜山留学!ビザ申請の準備について紹介!!

こんにちは、韓国・釜山に滞在中のYuki. Aです。

今回と次回で、留学ビザ申請の準備から受け取りまでを紹介したいと思います!本記事では、ビザ申請前の準備についてお伝えします。…コロナ禍ということで追加の書類や手続きがあり、非常に苦労しました。

ビザ申請前の留学準備についてはこちら↓

ビザ申請の準備

ビザ申請に必要な書類リスト7つ

  • ビザ申請書(現地で作成orダウンロード)
  • パスポート
  • 証明写真1枚(3.5×4.5cm、背景は白)
  • 大学の事業者登録証
  • 入学許可書
  • (英文の銀行残高証明書)
  • (在学証明書または最終学歴証明書)

私の場合、ビザ申請書は現地作成しましたが、領事館のHPからダウンロード・記入して持ち込んだ方がスムーズだったと後悔しました…。事業者登録証と入学許可証はエージェントの方から送られてきたデータを印刷して持参。

また、必要書類には入っていませんでしたが、銀行残高証明書と在学証明書も持っていきました。(まさかの申請時に回収。)

パスポートはビザ申請の際に回収され、受け取りまで領事館で保管されます。身分証明書としての使用など、パスポートを使う予定がある時はビザ申請中に重ならないよう注意しましょう。

コロナ関連書類4つ(コロナ前には不要だったもの)

  • 隔離同意書(現地で作成orダウンロード)
  • 健康状態確認書(現地で作成orダウンロード)
  • 大学からの要請書(ビザを早く発行してほしい旨が記載されたもの)
  • (「コロナ症状無し」記載の診断書)

診断書は、現在は必要ありません。(昨年の12月下旬に変更)

私が申請した時は、ビザ申請の前日か当日に病院に行かなければならず…朝イチで病院に行ったのち、領事館へ直行しました。

現在はこの診断書が必要ない代わりに、入国前のPCR検査が必須となりました。タイミングが悪いことに、私はビザ申請前と入国前の2回病院に行かなければなりませんでした…。

ビザ申請時の注意点2つ

①申請場所について

ビザ申請が可能な大使館・領事館は、地域によって異なり、原則「住民票がある居住地の管轄大使館で申請」です。詳しい管轄については、下のリンクからご覧ください。

管轄地域案内

しかし、私の場合、

  • 住んでいる場所は兵庫県 → 神戸領事館での申請が便利
  • 住民票は実家がある宮崎県 → 福岡領事館で申請の必要

という状況であり、非常に困りました。

結局、もしものことを考えて住民票の移行と、領事館での申請を同時に行いました。

しかし、結果的に神戸領事館では、住民票の確認をされませんでした。ですから、現住所が神戸領事館の管轄にあれば、住民票を移す必要はないと思います。(ちなみに横浜領事館など、一部の領事館では住民票の写しが必要になるので注意です。)

②大使館・領事館のHPはこまめにチェック!

ビザ申請に必要な書類や手続きは、いきなり変わったりします。

実際に、私の例を紹介します。

  • 診断書が必須(抗原検査 or PCR検査):12/16まで
  • 「12/21からPCR検査のみ有効」の掲示:12/16
  • よって、抗原検査の有効日 → 12/18まで(12/21前の最後の平日)

つまり、1週間経たないうちに必要な手続きが変更されたわけです。私の場合、抗原検査を受けたければ、12/17か12/18に病院に行く費用がありました。自費でのPCR検査は場所も限られ、費用も高いです。抗原検査はそれに比べると費用が安いため、急いで病院にいきました。

こんなこともあるので、こまめに領事館のHPを見なければ絶対に失敗します!

以上ここまで、ビザ申請の準備について紹介しました。ビザ申請編は次回!

最後までお読みいただき、ありがとうございます^^

この記事を書いた著者

Yuki. A
Yuki. A
ライターのユキです。英語・韓国語・中国語を勉強しています。現在、韓国・釜山に語学留学中♪
いつかマルチリンガルになることを夢見ています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA