同じ意味をもつ韓国語と宮崎弁!?「てげ」について解説

みなさんこんにちは、Yuki. Aです(^^♪

今日は、「てげ」という国境を越えた!?ことばについて紹介したいと思います。

「てげ」は、宮崎弁でよく使われることばであるとともに、韓国語でもよく使われます。しかも意味がほぼ同じというミラクル!

実は筆者は宮崎に住んでいたので、「てげ」は非常になじみがあることばです。なので、韓国語を学習し始めて、韓国語にも意味が同じ「てげ」ということばがあることを知った時の衝撃はハンパなかったです。(笑)

それでは、詳しくみていきましょう!

「とても」を意味する【宮崎弁「てげ」】と【韓国語「되게(テェゲ)」】

宮崎弁で「てげ」は「とても」という意味を持ちます。

例えば、「てげかわいい!」だったら、「とてもかわいい!」と同じ意味です。

「てげ」は宮崎では非常に多く使われる表現です。筆者は10歳の時に東京から宮崎に引っ越したのですが、初めて耳にする宮崎弁の中でも「てげ」は頻出度が高く、すぐ覚えたことが印象に残っています。

一方、韓国語の「되게(テェゲ)」「とても」という意味を持ちます。

「とても」を表す韓国語は「아주(アジュ)」「너무(ノム)」やそのほかにも多くありますが、「되게(テェゲ)」は目上の人には使うのは好まれないような、少しくだけた言い方みたいですね。

…ということで、

【宮崎弁「てげ」】=【韓国語「되게(テェゲ)」】=「とても」

になるわけですが、ここで面白い例文を見てみましょう。

標準語:とても 疲れた

宮崎弁:てげ ひんだれた

韓国語:テェゲ ヒンドゥルダ(되게 힘들다)

「ひんだれた」は宮崎弁で「疲れた」という意味なのですが、「疲れる、大変だ」という意味をもつ韓国語の「힘들다(ヒンドゥルダ)」とすごく似ています!!(笑)

「てげ」も「ひんだれた」もほぼ同じ意味・音をもつため、この例文は国境を越えて通じる!?わけです!(笑)

語源は同じだが意味が違う【宮崎弁「てげ」】と【韓国語「대개(テゲ)」】

【宮崎弁「てげ」】の語源は、漢字の「大概」がなまったものであると言われています。

実は韓国語にも、漢字で表すと「大概」となる「대개(テゲ)」という言葉があります。これは漢字の通り、「だいたい、およそ」という意味を表します。

しかし、この「대개(テゲ)」は、先ほど紹介した「とても」という意味の「되게(テェゲ)」とは異なることばなんです!!(ややこしい…!)

つまり、「てげ」と「되게(テェゲ)」は意味と音が同じ、「てげ」と「대개(テゲ)」は意味は違うが語源と音が同じということになります。

劇的に意味が変わる【宮崎弁「てげ」】と【宮崎弁「てげてげ」】

最後に、おまけで宮崎弁「てげ」「てげてげ」の違いも紹介したいと思います。

「てげ」は先ほど見たように「とても」の意味ですが、「てげてげ」は「すごくすごく」という意味にはならないんです!(笑)

実は「てげてげ」「適当な、なあなあな」という意味を表します。

例を挙げるなら、宮崎県民におなじみのフレーズ「てげてげ運転」。これは「いいかげん運転」の意味で、宮崎県警による「てげてげ運転追放」というキャッチコピーは宮崎県民ならだれでもみたことがあるのではないでしょうか(笑)

ちなみに、韓国語に「되게되게テェゲテェゲ)」ということばはないようです(笑)

■まとめ

今回は宮崎弁の「てげ」「てげてげ」、韓国語の「되게(テェゲ)」「대개(テゲ)」についてみていきました。

ポイントをまとめると、

  • 【宮崎弁「てげ」】と【韓国語「되게(テェゲ)」】は「とても」の意味で、音と意味が同じ 
  • 【宮崎弁「てげ」】と【韓国語「대개(テゲ)」】は「大概」という漢字が語源で、意味は違うが音は同じ 
  • 【宮崎弁「てげ」】は「すごく」、【宮崎弁「てげてげ」】は「適当」を意味し、劇的に意味が変わる

の3点になります!

国境を越えた「てげ」、とても面白いことばですね(^^♪

この記事を書いた著者

Yuki. A
Yuki. A
ライターのユキです。趣味は英語・韓国語・中国語の勉強!!
いつかマルチリンガルになることを夢見ています(^^♪

関連記事一覧

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x