• Cotoba ETS
  • ことばのちから イングリッシュスクール|個別指導 のニュースをお知らせします。

「ことばのちから」のコンセプトについて

(この記事は、https://www.cotoba.co.jp/ の2020年1月7日に掲載されたものです。)

みなさん、こんにちは!

急に寒くなりましたね。上着が2枚ほど増えた感じです。お体ご自愛下さい。

さて、今回は、スクールのコンセプトについてかいつまんでご説明いたします。

コンセプトのページでは、特徴1~3までをまとめています。下記目次の通りです。

特徴1.アットホームな空間

「アットホームで居心地がよい。」と 「英語(他教科)の力」 コンセプトのページより

この相反することが可能になる理由について記しています。また各種イベント、スクール検定についても記し、なぜ、生徒のレベルの確認とモチベーションを保つことができるのかについて紹介しています。

特徴2.効率がよい学習コンテンツの提供

子どもたちはやることがいっぱい。 コンセプトのページより

限られた時間で学習の最大効率を目指すため、スクールの果たすべき姿を紹介しています。

特徴3.TEACHING & COACHING

ティーチングとコーチングの違いについて記しています。また、そのどちらを優先しているか、そのメリットを理解し実践している内容を紹介しています。

短期間で最大の成果を出すために。

インプット+アウトプット×正しいフィードバック=理想の学習 コンセプトのページより

インプットばかりの学習でいいのでしょうか。英語は言語です。アウトプットも正しくできて成立します。そのアウトプットに対して正しいフィードバックを書ける。先生とのコミュニケーションの中から「気づき」が生まれ、自律性を高めていくことができます。詳しく知りたい方はもう少し詳細に紹介していますので、コンセプトページをご覧ください。

まとめ

今回は、ことばのちからの「コンセプト」について簡単にまとめました。次回機会があれば、もっと具体例も挙げながら詳細に紹介するのもありかなとも思います。もし、反響があれば、ですが(笑)

もっと詳しく読んでみたい方は、下記ボタンからジャンプできます。

それでは、今日もみなさんお疲れさまでした。

この記事を書いた著者

Mickey
Mickey
「ことばのちから|イングリッシュスクール|個別指導教室」のスクール長のミッキーです。ヨーロッパへの3年間のスポーツ留学を経て、全国大会で優勝した経験があります。地元の車両メーカーで設計のお仕事をする傍ら、神戸市外国語大学で英語・教育・法経商を学び、小学校全科、中学校英語科、高校英語科、高校商業科の教員免許を4つ取得しました。卒業の前の年に、東京大学の大学院を受験して1次試験は合格、2次面接は不合格。そんな経験も経て卒業後は県立高校で英語と商業を教え、英語に苦手意識を持っている生徒がたくさんいることに気づきました。でもみんな英語にあこがれを持っているんですよね。だから、たくさんの生徒に英語を楽しく効率的に学んでもらいたい。そういう思いで「ことばのちから」を設立しました。今では多くの生徒と楽しく英語を学んでいます。年々英検の合格者が増えていることが楽しみの一つです。自由に英語が使えること、きっと将来の選択肢が広がると思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA