• HOME
  • ブログ
  • TREND
  • 正しい知識・情報をイラストで翻訳?!コロナ感染予防のイラスト、世界へ届け!

正しい知識・情報をイラストで翻訳?!コロナ感染予防のイラスト、世界へ届け!

紙面中にある、とてもかわいいイラスト(グラフィックレコーディング、以下グラレコと呼ぶ)は、20か国語、19方言へ翻訳されて世界へ広がっています。
驚くべきことは、たくさんの協力者と共に一人のアーティストがスピード感をもってグラレコをドンドン完成させていっていること。
一見の価値ありです。正しい知識と情報で感染予防をしていきましょう!
Special Thanks😊:
Kugueさん、Nishimuraさん、Asaiさん(順不同)

◆企画趣旨

政府のコロナ対策有識者会議にて、必死に「市民の行動・意識変容」を呼びかけるべく、有益な情報を出して下さっているものの、まだまだ難しい記載や分かりにくい情報もあります。そんな中、グラフィックレコーディングのスキルを生かし、イラストと文字を交えた形で、より多くの方に分かりやすく楽しく情報を届けたいと思い、皆様のご協力を頂きながら20カ国語、19方言への翻訳を実現しました!方言など、親しみやすい形で正しい知識をお届けすることに貢献できるよう、引き続き頑張ります!

◆協力者

20か国語、19方言への翻訳ご協力頂いた世界各国の88名のみなさま
(ページ下段、英語版の作成者)
占部まり先生(監修、内科医)
功能聡子さん(協力、ARUN)
Mika Muramotoさん(英訳監修)
Paul Horakさん(医療英訳監修)
西村真里子、久々江美都(制作)

◆プロフィール

久々江美都(左、くぐえみやこ)
神戸市外国語大学卒、商社勤務を経て武蔵野美術大学造形構想研究科に在学中の大学院生フリーランス。グラレコを活かした「情報の見える化」が得意です!


西村真里子(右、にしむらまりこ)
株式会社HEART CATCH 代表取締役。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として様々なプロジェクトを生み出している。武蔵野美術大学大学院 非常勤講師。

◆新型コロナの感染予防イラストの紹介

◆リンク先(もっと見たい方用)

>>現在35言語!】① 世界各国語版「チェンジアクション&マインドセット」4/1コロナ対策政府専門家会議をグラレコでわかりやすく!(絶賛更新中!)

>>【現在35言語】② 日本の方言版!「チェンジアクション&マインドセット」4/1コロナ対策政府専門家会議をグラレコでわかりやすく!(絶賛更新中!)

この記事を書いた著者

Tetsuya
Tetsuya
Cotoba PRESS編集長のTetsuyaです。
普段はイングリッシュスクールの運営・直接の指導とCotoba PRESSの編集に携わっています。
温かい言葉は、人と世界をつなぐことができると思っています。
言葉を通してみんながニコニコできる世の中になればいいなと思っています。

関連記事一覧

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x